多数決

恒例のイベント「少数決」の少数決ルールをひっくり返してみました。少数決と違って、多数派の答えを書いた人が勝ち残っていきます。

第2回多数決結果発表

2013年12月10日~1月30日に募集した第2回多数決の結果が出ました。応募いただいた方全員のニックネーム、質問の回答、順位、集まった答えを発表していますよ。

これまでに開催された多数決の結果

多数決のルール

各質問に対して、答えをひとつずつ書いてください。まずは1問目を集計し、いちばん人数が多い答えを書いた方が生き残ります。ほかの答えを選んだ方は、その場で失格。生き残った方の2問目の答えを集計し、これもいちばん人数が多い答えを選んだ方だけが生き残ります。もしいちばん多い人数の答えが複数あったら、それらの答えを書いた方全員が生き残りです。

送りがなのあるなしなど、表記が少しでも違うものは別の言葉として集計します。「りんご」、「リンゴ」、「林檎」は、別の言葉になるということです。