へやわけ Flash盤面の操作方法

おためし問題パズルのルール操作方法

へやわけの初期画面

問題を開いたときの画面です。開いたときから、画面右下のタイマーがスタートします。

問題を開いたときにはそのまま解ける解答モードになっています。

マウスの左ボタンをおもに使います。キーボードの一部のキーを組み合わせると、便利に使えます。


太線の設定

太線の太さを変えることができます。


グリッドの設定

Gridのチェックをはずすと細線が表示されなくなります。


白マス確定のマークの設定

ぬりつぶさない印を変更できます。


設定は保存されますので、前回解いたときと同じように始められます。

※みんなのページと、メンバーズページでは、設定を保存するしくみが違っています。また、お使いのパソコンの設定によっては、設定が保存されない場合もあります。


ズーム機能

ズーム機能を使って盤面の一部を大きく表示することができます。画面を拡大しているときに←↑→↓のボタンをクリックすると、拡大表示している部分を動かせます。


マウスで遊ぶとき

マウスの左ボタンでクリック

マウスの左ボタンでマスをクリックするとマスが黒くなります。

黒マスをクリックすると、ぬりつぶさない印を入れられます。ここからは、ぬりつぶさない印に○を選んでいるとき(Markで左端にチェックしたとき)を例に説明します。

○が入っているところをクリックすると、何もない状態にもどります。


マウスの左ボタンでクリック

左ボタンをクリックするたびに、左の図のように変化します。


黒マスのドラッグ

マウスをドラッグ(左ボタンを押し下げたまま移動)すると、黒マスを連続して入れられます。ルールから、黒マスはタテヨコに連続しないので、タテヨコに連続したマスに黒マスが入らないようになっています。

画像は、矢印で示したようにマウスを動かしたところです。

黒マスのドラッグ

   のマスからドラッグをはじめると   のマスだけ、   のマスからドラッグをはじめると   のマスだけが黒マスになると考えるとわかりやすいでしょう。


黒マスをドラッグすると、○を連続して入れられますが、黒マスは上書きされません。○をクリックしてからドラッグすると、黒マスや○を一気に消すこともできます。


「最初から」ボタン

間違えてしまって、最初からやり直したいときは、最初からボタンを押してください。タイマーは始めからになりません。タイマーをリセットしたいときは、問題をもう一度開いてください。

※メンバーズページでは、問題を開くたびに、開いた回数が増えます。


「一手戻す」ボタン

一手戻したいときは、一手戻すボタンを押してください。最初まで戻れますが、戻した手数をもう一度進めることはできません。


「チェック」ボタン

解き終わったらチェックボタンを押してください。正解ならおめでとう画面が表示されます。間違っていたら、間違っているところを1カ所だけ教えてくれます。もどるボタンを押すと、解答モードに戻ります。


キーボードとの組み合わせで便利に遊ぶ

Shift + クリック

キーボードのShiftを押しながらマウスの左ボタンをクリックすると、普通に左クリックしたときと逆の順序で、黒マスや○の状態が変わります。

Shiftキーを押してからドラッグすることもできます。○を連続して入力したいときなどに便利です。


トライモードの使い方

「チェック」ボタン

どうしても次の一手がわからないとき、仮に黒マスや○を入れてみたいときはトライモードをお使いください。トライボタンを押すとトライモードになります。

解答モードと同じように操作できますが、トライモードでは、初めて入力したところが茶色に、その後に入れたところは黄色く表示されます。


「トライ消去」ボタン

トライモードで入れた内容を消したいときはトライ消去を押してください。トライで入れたところが消えて、トライモードにして初めて入力したところが黄色で点滅表示されます。


「トライ決定」ボタン

トライモードで入れた内容を確定させたいときは、トライ決定ボタンを押してください。トライモードで入れたところが黒くなり、解答モードに戻ります。